スミ入れ ファレホ

水彩絵の具で、クリアなしでファレホにスミ入れができるかも

こんにちは、ショウキチです。

 

僕は以前、こんな記事を紹介しました。

エナメルスミ入れは、光沢バーニッシュのコーティングで落とせる!

こんにちは、ショウキチです。   みなさん、ガンプラのスミ入れのはみだしはどうしていますか。   「スミ入れのはみだしが落ちてくれない」、って人いませんか。   はい、僕 ...

続きを見る

この記事で、光沢バーニッシュをコーティングすれば、エナメル塗料でもスミ入れできると言いました。

 

しかし、何度も言うようですが、僕はこのクリアを使うという過程をはぶきたいなー、と思っていました。

理由はいくつかあります。

 

まずは、塗膜が厚塗りになるから。

塗膜が厚くなりすぎると、ガンプラの関節の可動の際に、パーツに干渉しやすくなるということがあります。

この対策として、クリアランス処理というものがありますが、調整を間違えると、パーツとパーツが干渉して、塗装がはげてしまいます。

クリアランス処理で塗装済みガンプラを難なく動かすことができる!

こんにちは、ショウキチです。   みなさんは、塗装済みガンプラを動かしますか?   丹精こめて色を塗ったガンプラをかっこいいポーズで動かしたいと思っている人もいるでしょう。 &nb ...

続きを見る

 

次に、時間がかかるから。

クリアを筆塗りでやると、どうしても1日は乾燥しなければなりません。

つまり、完成までの時間が取られるということです。

すぐにガンプラを完成させたい時は困ります。

 

最後に、作業量が増えるから。

クリアをいちいち塗るのは、手間がかかります。

やらなければいけない作業が増えると、それが苦痛になり、ガンプラのやる気が起こらなくなります。

 

だから、スミ入れのためのクリアコーティングをせずに済む方法を探していたところ、プロモデラーのセイラマスオ氏のスミ入れ方法を知りました。

 

氏が考案した、水彩絵の具を使ったスミ入れ塗料が、クリアなしのファレホ塗面にも使える可能性が出てきたので紹介したいと思います。

 

そもそもセイラマスオ氏のスミ入れ方法とは?

ここでまず、プロモデラーであるセイラマスオ氏のスミ入れ方法を紹介したいと思います。

 

セイラマスオ氏は、水で薄めた水彩絵の具に極少量の中性洗剤を加えたものを、スミイレ塗料として使用しているそうです。

この方法なら、エナメルのようにプラスチックのパーツを割る心配もないですし、何より無臭で周りに迷惑が掛かりません。

それに、水彩絵の具はメーカーを指定してないのでなんでもいいんだと思います。

 

このセイラマスオ氏、実は水性塗料で塗装しているモデラーさんです。

つまり、水彩絵の具を使えば、同じ水性塗料のファレホの上からスミ入れが可能ではないかと考え、検証をしてみました。

 

水彩絵の具でファレホ塗面のスミ入れが可能か検証してみた

検証することは以下のことです。

・スミ入れ塗料のはみ出しをふき取れるか。

・バーニッシュの筆塗りでスミ入れ塗料が消えないか。

スミ入れ塗料のふき取りは、ガンプラをスミ入れする時に、スミ入れ塗料が必然的にはみ出してしまうものです。

だから、それをきれいにふき取る必要があります。

 

そして、塗膜を守るバーニッシュの筆塗りによって、せっかくスミ入れしたものが消えてしまわないかを確かめる必要があります。

 

それでは、実際に検証したいと思います。

 

絵の具のスミ入れ塗料の作り方

水彩絵の具のスミ入れ塗料の作り方です。

 

まずは撹拌スプーンに中性洗剤を垂らした後、新聞紙でほとんど拭き取ります。

次に塗料皿に、水彩絵の具を少しだけ出して、先ほどの撹拌スプーンで混ぜながら水道水を加えていきます。

ちなみに、絵の具は近所のTSUTAYAで売っているものを使用しました。

今回は、塗料皿を傾けたとき、塗料の動きがなめらかになったものを使いました。

 

写真ではこんな感じになります。

 

スミ入れ塗料のはみだしのふき取り検証

最初は、スミ入れ塗料のはみだしがふき取れるかを調べました。

 

スミ入れ塗料を垂らしたファレホ塗面がこちら。

そして、それを水を含ませた綿棒でふきとったものがこちらです。

 

すごい、きれいにふき取れました!オレンジ塗膜に黒のスミ入れをしたのにですよ!さらに、ファレホの塗膜も全く溶けていません。

 

ただ、このスミ入れ塗料がスムーズにモールドに流れなかったのが気になりました。

これは、スミ入れ塗料の配合が悪いのか、元々そういうものなのかが分からないのです。

 

クリアでコーティングしなくても、スミ入れ塗料のはみだしをふき取れることが分かりました。

 

バーニッシュの筆塗りで消えないかどうかの検証

次は、バーニッシュの筆塗りでスミ入れ塗料が消えないかの検証です。スミ入れ塗料を塗ったファレホ塗面に、溶剤で薄めたバーニッシュを筆塗りします。

 

スミ入れ塗料を塗ったものがこちらになります。

そして、それに筆塗りバーニッシュを塗ったものがこちらです。

 

輪郭はぼやけたけど、完全には消えていません。

 

バーニッシュを筆塗りしている時は、スミ入れ塗料が落ちているなーと思うことがありました。

なので、スミ入れした部分を何度もなぞるのは良くないですね。

 

しかし、実際のスミ入れ塗料は、モールド上などの狭くて塗料がたまる部分で使われます。

だから、筆が何度も上を通ることもなく、消えづらいだろうから、おそらく大丈夫でしょう。

 

実際にガンプラ製作において使えるかまた報告したいと思います。

 

まとめ:水彩絵の具を使ったスミ入れはファレホの塗面でも使えるかも

水彩絵の具を使ったスミ入れはクリアでコーティングしなくても、ファレホ塗面でも使えるかもしれません。

なぜなら、スミ入れ塗料として使った場合、はみ出してもきれいにふき取れるからです。

 

ただ、筆塗りコーティングの際に、スミ入れ塗料がぼやけたのが少し気になりましたが、そんなになぞらなければおそらく大丈夫でしょう。

 

また、流動性は他のスミ入れ塗料に劣るので、モールドに流し込むような使い方は少ししづらいですね。

使い方としては、モールドに筆をなぞらせ、はみだしを後でふき取るとか。

 

流し込んで使うなら、モールドを掘り直すというのありですね。

確か、セイラマスオ氏がそのようなことをどこかで言っていたような気がします。

 

そういうわけで、クリアなしのファレホ塗面でも、水彩絵の具のスミ入れが使えかも、ていう話でした。

 

後程、今回紹介したスミ入れをしたガンプラを紹介したいと思います。

 

最後に、水性塗料の塗膜上でも使用することができる画期的なスミ入れの方法を公開していただいたこと、それにより、長い間悩んでいたスミ入れの方法の解決策を見出す助けになっていただいたセイラマスオ氏には感謝してもしきれないです。

 

セイラマスオさん、本当にありがとうございました。

 

-スミ入れ, ファレホ

© 2022 ガンプラを上達したいか!?