ガンプラ製作

リーオーを塗装してみたけど、サフを筆塗りしたら、厚ぼったくなった

こんにちは、ショウキチです。

 

HGリーオーを砂漠っぽい感じに塗装しようと思います。

 

今回は、ファレホのサーフェイスプライマーを筆塗りしたことについて話しますが、

これが少し失敗してしまいました。

 

それでは、詳しくいきたいと思います。

ファレホプライマーを塗ってみた

ファレホ塗装をする僕ですが、困っていることがあります。

それは、ファレホは少しはがれやすいことです。

例えば、ファレホ塗装した刀ですが、

塗装がはがれてます!

これは、クリアランスを考えずに塗装したり、塗装してからすぐに持たせちゃったせいもありますが、水性塗料ということもあり、少しはがれやすい所があります。

 

ですので、今回は、塗装がはがれにくくするために、こいつらを使いたいと思います。

ファレホのモデルカラーのサーフェイスプライマーです。

これは、サーフェイサーと同じように、上に塗った塗料をはがれにくくする役割があります。

そして、水性なので、においで周りに迷惑がかかりにくいです。

これを筆塗りしたいと思います。

 

えっ、サーフェイサーってスプレーとかエアブラシでやるんじゃない?っという方。

僕はエアブラシはおろか、スプレーもできない環境なので、今回は試しにプライマーを筆塗りしました。

プライマーの混合比率

ファレホのプライマー2種類を混合します。

混合比率は、ブラック:ホワイト:水を1:4:1で混合しました。

水は百均のスポイト1滴を1とします。

これで少し濃いめのグレーになります。

 

一応グレープライマーがあるんですが 、下地を確実に消せるようにと思ったので、黒のプライマーを混ぜたいと思います。

まあ、プライマーの性能テストは後程やっていきたいと思います。

それでは、塗っていきましょう。

プライマーを筆塗りしたら、失敗がでてきた

1回塗っただけだと、プラスチックの色が見えてしまいました。

大体3回位塗って、やっとプラの色が隠れてくれました。

塗ったパーツの画像です。

けっこう筆ムラが出てしまいました。

我ながらひどい。

えっ、ここまでひどいもんなの、と少しショックです。

最近、筆塗りを適当に塗ってしまう傾向があるので、そのせいかもしれませんが、それでもけっこうムラが出てしまいました。

 

さらに、丸いシールドのパーツのサフの色が微妙に違っている所があります。

これは、2種類のサフを混ぜたために、サフが分離してしまったせいだと思われます。

そういえば、パレットの上でサフの色が分離していたなあ・・・。

モールドがあるパーツなんですが、プライマーを厚塗りしすぎたせいか、モールドが埋まってしまいました。

 

他にも、厚塗りの弊害はあります。

赤丸で囲んだ部分に線ができていますが、これは、マスキングテープを貼った部分です。

先にプライマーを塗った部分がかなりの厚みができてしまいました。

この厚みの部分を紙ヤスリで削ろうとしましたが、

下地が出てしまいました。

この時、800番のヤスリで削ったのですが、もっと番手が大きいヤスリで削った方がよかったですね。

ちなみに、このプライマーのはがれはこのままにして、塗装にいきました・・・。

だって、すぐに完成させたいいんだもん。

結果

今回のファレホのサーフェイサープライマーの筆塗りは、

  • 筆ムラが出てしまう
  • 思ったよりプラの色を隠蔽しない
  • そのため、厚塗りになってしった

という結果になりました。

今回の失敗は、サフの濃度やエアブラシシンナーの有無などの観点からの調査で改善できるかもしれません。

僕の自宅ではスプレーを使えないので、筆でサフ塗りできる方法を見つけたいです。

 

それでは。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

created by Rinker
Vallejo
¥3,217 (2022/01/18 12:54:50時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Vallejo
¥3,339 (2022/01/18 12:54:50時点 Amazon調べ-詳細)

-ガンプラ製作

© 2022 ガンプラを上達したいか!?