ガンプラレビュー

武器も本体も意外と組みやすい。HG 1/144 ガンダムウヴァル

こんにちは、ショウキチです。

僕はガンダムの外伝が好きです。

なぜなら、オリジナルMSが登場して、わくわくするからです、といってもガンダム00と鉄血のものくらいしか知りませんけど。

今回紹介するガンプラも外伝に登場したものです。

それでは、レビューいきたいと思います。

黒くていびつ。HG 1/144 ガンダムウヴァル

ガンダムウヴァルとは、漫画機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ月鋼に登場し、ロザーリオ・レオーネが乗るMSです。

真っ黒な機体色が目を引き、丸い盾が外国の昔の闘技場の装備を彷彿とさせます。

ちなみに上の写真の姿は最終決戦時の装備で、初登場時は、

こんなにシンプルになります。

装備も変わり、結構身軽になっています。

というより、

左上のフレームがむき出しになっています。

これは、ガンダムウヴァル自体、フレームの姿で発見され、元のアスタロト(アスタロトオリジン)の装甲を着ているというからです。

確認してみると、

右肩と右腕、

胴体とサイドアーマー、

すねのブースター、両足の足首から下、写真だと分かりにくいのですが、ももの装甲なんかがガンダムアスタロトオリジンのパーツが使われています。

黒いので目立たないのですが、他の機体の装甲と独自装甲を装備していることもあって、左右非対称のいびつな機体となっています。

だけどそれがいい(・∀・)

ちなみにパイロットのロザーリオ、

おっさんです。

ガンダムに乗るのは、イケメンの若者というイメージを覆してます、あ、クダルがいるか。

武装

武装の紹介をします。

ラウンドシールドです。

スパイクシールドです。

この二つのシールドは最終決戦で装備されました。

グレイブです。

最初の戦いで装備していました。

マイニングハンマーです。

最終決戦で装備していました。

ちなみに、採掘道具を元にした武器なので、円柱にくぼみがある部分が回転して攻撃します。

ちなみに、漫画で使用していたライフルは今回付属しません。

左右非対称ってやつは・・・。組みやすさ

武器が多いですが、それぞれが構成パーツが少なく、だいたい2パーツ、最大でも3パーツなので、組むのに苦労はしません、グレイブに至っては1パーツ構成です。

また、本体はけっこうシンプルでさくっと完成し、特に左手は装甲がないのですぐ完成します。

そして、この機体は左右非対称なので、まーた同じパーツかー、と飽きずに組めます。

本体は飽きずに組めて、武器は単体ですぐ完成するので、総合的に組みやすいと言えるでしょう。

こいつ、動くぞ・・・。可動

首の可動です。

前に倒しづらいですが、後ろにはそれます。

横には少し傾きます。

首の回転ですが、後ろの襟に干渉するため、回るのはここまでです。

肩の可動です。

前にはこの位可動します。

後ろはけっこう下がります。

肩だけの可動で上にはこの位可動します。

肩のポリキャップがせり出して、肩装甲が干渉するところまで上に上がります。

腕はここまで上がります。

これが肩の可動と合わさると、

腕を水平に上げることができます。

ひじの可動は、

90°以上曲がります。

ここまで曲がれば十分ですね。

腰の可動は、

前後共にここまでそらせます。

さらに、腰は360°回転することができます。

サイドアーマーは、

ここまで可動します。

そして足はなんと、

180°開くことができます。

しかも接地します。

これが、ガンダムフレームの力・・・(石動風)。

ひざに可動は、

右、左ここまで曲がります。

左ひざは、後ろのブースターが干渉するため、右より可動性は劣ります。

それでも、普通に飾る分には支障はでないです。

足首は、

外側も、

内側も直角に曲がります。

全体的に、可動が良好で、特に開脚と接地性が異様に優れています。

これがガンダムフレームの力・・・(再び石動風)。

注意点

ガンダムフレームおなじみの胸と腰をつなぐ2パーツの組み合わせがやや取れやすいので、他のガンダムフレームと同様に、ピンを少しだけ切ってください。

それだけで、組み合わせやすくなりますよ。

頭の前の角は取れやすくはないものの、結構ぐらつきます。

気になるようだったら、接着してもいいかもしれません(塗装したい方は塗装後に接着してね)。

顔のパーツは小さいからなくしたり、ニッパーでパーツを切断しないように注意してください。

これがけっこう気になるのですが、マイニングハンマーを持たせると手の甲が外れやすくなります。

現在、対策法を考え中です(すみません)m(_ _"m)

ガンダムアスタロトとの戦いを再現してみた

漫画鉄血のオルフェンズ月鋼のシーンを再現してみました。

アスタロトだ!(注:ウヴァルです)

本物が聞いて呆れる。

あれは、来たか。

その鼻っ柱をへし折ってやらねば、何もわからんか!!

反応はいい、だが甘い。

 

鉄血のオルフェンズの外伝の漫画作品なので、知らない人がいると思いますが、アスタロトと組ませれば、戦闘シーンが再現できます。

総評

組みやすさ:組みやすい&飽きづらい

遊べるか:登場時と最終決戦時の形態を再現でき、プレイバリューが高い。

可動:優秀。

パーツポロリ:マイニングハンマーを持たせると手の甲がポロリする。

シール:普通

組み立てやすく、武器がたくさんあるので、かなり楽しめます。

こんな人におすすめ

・鉄血のオルフェンズ月鋼を見て機体が好きになった。

・ガンダムフレームが好き。

・大ぶりな武器が好き。

・見た目が悪っぽくていい。

・パイロットがおっさんでおもしろい。

こんな方におすすめです。

まとめ

ごつい印象とは違い、けっこう組み立てやすいです。

武器も豊富なので、全部乗せなんかもできます。

それでは、よいガンプラライフを(^▽^)/

-ガンプラレビュー

© 2022 ガンプラを上達したいか!?