ガンプラレビュー

たくさんの武装でも簡単に組めた!HG 1/144 ガンダムアストレイレッドフレーム(フライトユニット装備)

こんにちは、ショウキチです。

僕が中学生位の頃、機動戦士ガンダムSEEDが流行っていました。

しかし、その頃の僕はガンダムのガ文字も知らない、アムロ?、シャア?、といった状態でした。

その時SEEDを見てたら、もっと周りと話を合わせることができたんじゃないかと思うこの頃です。

まあ、今回紹介するガンプラはSEED本編に出てきませんが(おいっ。

それではガンプラレビューいきたいと思います。

鍛えられた武士。HG 1/144 ガンダムアストレイレッドフレーム(フライトユニット装備)

ガンダムアストレイレッドフレームとは、機動戦士ガンダムSEED ASTRAYシリーズに登場する、主人公ロウ・ギュールのMS(モビルスーツ)です。

フライトユニットという装備がついてきます。

ちなみに、フライトユニットを外した状態がこちらです。

本体はかなりシンプルで、腕をはじめとして、意外と筋肉質な感じがします。

刀を装備しており、前述の印象と相まって、鍛えられた武士のようなMSです。

このガンプラを改造したガンダムアストレイノーネイムと並べてみました。

改造の結果、ノーネイムは武士要素がなくなり、よりスマートかつ騎士然とした機体になりました。

ガンダムアストレイノーネイムのレビューはこちらからです。

本体も武器も組みたてやすい!

前述したとおり、本体がすごくシンプルで癖がないため、組みたてやすいです。

武器は多いものの、それぞれがパーツ数が少なく、バックにつけるフライトユニットが少し時間がかかるもの、単体で完成させやすいです。

簡単に組みたい、かつ武装でいっぱい楽しみたいという方におすすめです。

基本武装から変わり種まで!武装&手+α

武装の紹介をしたいと思います。

まずは、ビームライフルです。

シールドです。

付属の写真右のアタッチメントを使用して装備します。

ビームサーベルです。

バックパックに2本装備しています。

そしてこのMSを象徴を象徴とする武装、ガーベラストレートです。

写真上から、機体に接続させるためのパーツ、さや、刀のガーベラストレートです。

ガーベラストレートの刀は色をシールで再現となっており、はるのが少しややこしいです。

刀をさやに収納させた写真です。

MSが日本刀を装備しているんですよ、まさに武士です。

バクゥ偵察タイプ頭部ユニットです。

こちらは、MSの頭部を武器とした変わった武装です。

こんな感じに装備します。

バクゥの側頭部からビームを発生させます。

最後にフライトユニットです。

機体の後ろで合体させます。

これで、空中アクションができます(後述)。

また、シールドとライフルを担架できます。

シールド、ライフル、ビームライフルといったガンダムのオーソドックスの武器の他に、ガーベラストレートのように古風な感じの武器やバクゥヘッドのようなほかには見られない変わった武器といった、特徴的な武装があって、遊んでも飾ってもかなり楽しめます。

次に手についてです。

握りこぶしです。

左右どちらもあり、武器を持たせることができます。

次に平手です。

左右どちらも付いてきて、動きに表情をつけることができます。

牙突!・・・実はよく知りません、ごめんなさい。

それと、マーキングシールが付いてきます。

本来は、左肩に貼るんですが、管理人はいつか塗装したいと思っているので、現在貼っていません。

劇中再現

それでは劇中再現+αしてみます。

※シグーを持ってないので、オーガ刃ーXで代用

今回は、OVAの再現となっております。

ひじが90°をはるかに超える角度まで曲がります。

さらにひざも正座ができるくらい曲がります。

めちゃくちゃ日本ぽい・・・。

何年も前のキットなのに、最新のキット並みに可動があるので、いろんなアクションができちゃいます。

ですので、劇中再現も良いといえるでしょう。

まとめ

組みたてやすい上に、オーソドックス、和風、変わり種といった、様々な武装で遊び倒すことができます。

本体と刀だけでシンプルに飾るもよし、様々な武装でゴテゴテさせるもよし、と様々な楽しみ方ができます。

それでは、よいガンプラライフを!

-ガンプラレビュー

© 2022 ガンプラを上達したいか!?