ファレホ 筆塗り

サフなしファレホで全塗装~HG ガンダムAGE-1ノーマル~

こんにちは、ショウキチです。

今回は、ガンプラをサーフェイサーを吹かずに、塗装もコーティングもファレホを使用したガンプラを紹介します。

HG 1/144 ガンダムAGE-1ノーマルをファレホで全塗装

今回作成したガンプラをこれです。

HG ガンダムAGE-1ノーマルをサフを吹かずに、ファレホで、全塗装&コーティングをしています。

では、素組みとの比較画像です。

左が素組みで、右がファレホで塗装したガンプラです。

塗装したことにより、プラスチック特有のテカリがなくなり、シールで補う部分も色がつきました。

そして、何より、汚しを加えたことにより、臨場感というか、かっこよさが出たと思います。

 

素組みのレビューは下記からご覧になれます。

HG 1/144 ガンダムAGE-1 ノーマル 素組みレビュー

ポージング

それでは、アクションさせたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アセム搭乗時のガンダムAGE-1です。

二刀流が特徴です。

 

ガンダムピクシーみたいにダガーを逆手に持たせて二刀流です。

 

結構アクションができますね。

やっぱり、AGE-1は今のガンプラに負けない可動を持ってるので、いろんなポーズができます。

作り方

流れ

簡単に言うと、AGE-1のパーツ全体のゲートを処理して、400、600、800の順にヤスリがけをした後に、パーツ洗浄して塗装しました。

 

塗装は後ハメ加工は行わずに、仮組をした後、パーツ全体をばらして、組み立てながら塗装をしました。

この組みながら塗装は、ファレホと相性がいいです。

なぜなら、ファレホは塗料を出す量を調節でき、新聞を敷いて筆と塗料皿と水を用意するだけで塗装ができるので、塗料を無駄にせずに、簡単に塗装が可能だからです。

 

塗装をした後は、メカウェザリングカラーのブラックウォッシュでスミ入れ兼ウェザリングをした後に、ファレホのポリウレタンバーニッシュのマット、これはトップコートで言う所のつや消しですが、これでコーティングをしました。

 

ちなみに、サフなし、筆塗りで全塗装&コーティングをしました。

カラーレシピ

MC=モデルカラー、GC=ゲームカラー

※スミ入れ、コーティング以外は全体の塗料の量:水=2:1になるように水を加えました。

ホワイト(装甲等)・・・MCホワイト:MCダークシーブルー=10:筆でちょっとだけ

グレー(関節、ライフル等)・・・MCホワイト:MCブラックグレー=1:1

レッド(腹部、足等)・・・MCスカーレット:GCスカーレットレッド=1:2

ブルー(胴体等)・・・MCミディアムブルー:MCウルトラマリン:MCホワイト=2:1:1

イエロー(えり等)・・・GCサンイエロー

ブラック(脚部等)・・・MCブラック

グリーン(センサー、目)・・・MCエメラルド:ホワイト=2:1

スミ入れ&ウェザリング・・・メカウェザリングカラーブラックウォッシュ:水=1:1

 

コーティング・・・ポリウレタンバーニッシュ:エアブラシシンナー=1:2

においがするからサフが使えなかった

ガンプラをやってるとサフとかサーフェイサーって聞くと思います。

サフとサーフェイサーとは同じもので、塗装する際の下地を作る塗装のことです。

どういう効果があるかというと、塗装したプラモデルの元々のプラスチックの色が透けてくるのを防いでくれます。

例えば、黒のプラスチックを白に塗りたい場合は、そのままでは下地の黒色が塗装しても見えてしまいますが、サフを塗れば、元の下地の色が透けることなく塗装ができちゃいます。

 

それだけでなく、サフには塗料の食いつきをよくする効果があります。

これは、塗料が垂れるのを防いでくれるってことです。

 

つまり、サフはけっこう便利なんです。

それでもなぜ今回サフを吹かなかったのか。

それは、においが強いから

 

サーフェイサーはラッカー塗料なんで、においの強さが水性塗料の比ではないんです。

自分が臭いと感じるのは防毒マスクをすれば大丈夫なんですが、問題はご近所さんなんです。

ある日、ベランダでサフを吹いていたら、ご近所さんが窓を開ける音がしたと思ったら、すぐに窓を動かす音が聞こえました。

そう、窓を閉めたんです。

ああ、やっちまった、と思いましたね。

 

こういうことがあってから、サフは使うことができないな、ってなりました。

このことについては下の記事に書いてあります。

グフロディS28 サーフェイサー&塗装をしてみた

 

じゃあ、元々のプラスチックの色と違う色に塗りたい場合はどうすればいいか、ってなるんですが、それはおいおい考えたいと思います。

課題

今回ファレホで全塗装をやってみて、課題がでました。

白の塗装で筆ムラが出る

白の塗装をしたんですが、結構筆ムラが出ましたね。

特に筆ムラが出たのは、シールドの白の部分で、これは黒の汚しをすることでごまかすことができました。

 

対策については今後考えたいと思います。

白の塗装に黒色のスミ入れをするとにじむ

これは、調査ミスなんですが、白色の塗装の上に黒色のスミ入れをしたら、白の下地がにじんだんですよ。

まあ、他の色で大丈夫だったからいけるだろ、と思っていたんですが、甘かったですね。

白の塗装がにじんじゃったので、前作ったグフロディS28と同じように、汚しということにしました。

 

解決策として、ファレホのつやありクリアを塗ってからやろうと思います。

スミ入れがうまくできない

はみ出したスミ入れを拭いたら、消す必要のないモールドの黒い線まで消えちゃったんですよ。

これは、スミ入れ塗料が乾いてから拭き取ればいいらしいです。

けっこうあせっちゃいました。

それと、スミ入れ塗料がモールドにうまく流れないことがありました。

 

これは、つやありクリアを塗るか、モールドを掘りなおすかすればいいかな、と思いますが、おいおい実験したいと思います。

ライフルと袖が干渉する

塗装した後に気づいたのですが、ドッズライフルを装備しようとすると、袖がこすれます。

そのせいで、袖のところにライフルの塗装がついてしまいました。

 

対策として、塗装する前に、こすれる部分、ギリギリでもこすれそうな部分は前もって、塗料の厚み分削っておいたほうがいいですね。

まとめ

サフなしで、ファレホの筆塗りで全部済ませたんですが、結構塗装が面白かったです。

それに、元々のガンダムAGE-1がかなりいいガンプラで、かっこよさ、アクション性に秀でていました。

 

今度はもっとかっこよくガンプラを作りたいなあ。

 

それでは。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

created by Rinker
BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ)
¥2,370 (2022/01/18 18:32:18時点 Amazon調べ-詳細)

 HG 1/144 ガンダムAGE-1ノーマル(あみあみ)

ファレホ(Amazon)

ファレホ(楽天)

 

-ファレホ, 筆塗り

© 2022 ガンプラを上達したいか!?